読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思うだけではどうにもならない。

今流行りの無気力人間がフリーターになったりニートになったり。

意味のない妄想だからこそ生きる意味を見出だせる、のかもしれない。

タイトルには俺にとって深い意味はあれども、他人にとっては戯言です。おたんこなすです。

 

 

俺はこずぴぃが好きです。初めて彼女を見た日、その性格や言葉から心の奥底からふわふわとした文章ではとても表せられない感情に包まれました。

 

 

 

優しくて、状況を見る目を周りに流されなくて、自分に正直で、周りに正直で、そんな性格が好きです。

 

 

 

でもこずぴぃは本当は居ません。そして居ない彼女が心配し、愛すのは俺では無く拓巳しゃんです。

 

 

 

 

なので、仮に存在したとしても俺では無いのです。ルイズ夢コピペと同じなのです。

そんなことに気づいてからもう数年が経過していました。俺は今現在、無職です。

 

 

俺にとって労働とは耐え難いほどの苦痛でした。俺はさして生きていませんが、人との関わりがどちらかと言えば嫌いです。そりゃあもちろん楽しいなぁと感じることも多くあります。しかし、他人と関わることで生じる緊張感や焦燥感は時としてそれを大きく上回り、俺の心、脳を支配します。それがとても嫌で怖くて目に涙が滲みます。

 

 

しかし、俺は友達が大好きです。

そんな面倒な俺を愛してくれる友達が本当に心の奥底から大好きで、感謝という言葉をそのまま表せます。

 

そんな大好きな友達ですら、俺の生きる糧、労働に対する術にはならないのです。

 

 

 

俺は死にたいです。しかし、この労働するという地獄から逃げる道である自殺ですら、痛みという別の苦しみを越えなければならないのです。

 

 

 

俺は、前のブログでも書きましたがこの自殺と労働による苦しみは傷口に貼り付けた絆創膏と同じだと思います。

じわじわと剥がすのは労働、度胸が無いせいで一気に剥がすことが出来ない。一気に剥がすのは自殺、一瞬の痛みを耐え抜けば後は痛みを感じずに済む。

 

 

結局、今回の記事で何を伝えたかったのか、誰に見てほしかったのかはわかりません。俺には俺自身の考えが少しぼやけて見えて、わからなくなってきている部分があります。

 

 

 

のどかで人の少ない、かつ今暮らしている場所よりも未発達な、そんな淡路島で住みたいなぁ、こういう風な考えが何故か、友達と日帰りで遊びに行った淡路島に対しての感情です。

 

 

僕の考える死にたいの性格な意図は「生きるすべである労働から逃れたい」なのだろう、それだけはハッキリと理解が出来る。

 

 

傲慢で怠惰な僕ですが、どうかこんな記事をネットに落とすことくらいは許してください。

【中飛車】平目という戦法に可能性を感じる【美濃囲い】

こんこん、ひとでなすなおたんこなすでございます。

最近やっと無知では無くなってきたんで記事投稿しようと思ったのだ。

 

まず大前提として僕が居飛車党か振り飛車党かなんですがどうとも言えません。

と、いうのも僕はまだ初心者の域で、得意戦法を模索してるんですよ。今まで試してみたのは四間飛車(一部変化形も)、パックマン、鬼殺し、ツノ銀中飛車、一間飛車、ゴキゲン中飛車三間飛車、そして平目である。

 

 

僕が平目戦法に運命を感じた理由に「大駒の動きやすさ」「桂馬の出しやすさ」の2つにあります。(ウォーズの普通CPUに楽勝勝ちできたのも一応一つではある)

僕は平目に興味が湧いてこの戦法をもっと深く知りたくなりました。手始めに、つべで検索かけてみたんですが…

 

 

あまりにも平目戦法の動画が少ない

 

これはダメだ、それならブログを探そう…そう思いグーグル先生にご検索を依頼したのですが…

 

この戦法の存在を疑うレベルで引っかからない

 

 

理由は2つ思いつきました。

 

一つ、平目戦法が弱いから。

二つ、ゴキゲン中飛車の存在

 

……って、記事書こうと思ったけど突如飽きたので続きはまた明日にでも投稿します。クッソ適当でスマンwwww

 

________(多分)続く。

仮面ライダーカブト全話見終わった感想

一昨日かその辺りからふと見たくなって仮面ライダーカブト全話一気見したんで少しだけ感想を。

 

まず見終わってすぐに感じたのは日常系アニメ見終わった後の喪失感に似た何かだった、そしてぼっちゃまと影山の死が結構きつかった。まさかクズ山が死んでここまで悲しい気持ちになってしまうとは…クズキャラだったけど憎めない所も合ったから、かな?

 

そして全話通して特に印象強かったセリフ

 

矢車さんの

「今誰か俺を笑ったか?」

 

影山の

「返してくれよぉ!俺のザビーゼクター!(半泣き)」

 

学校の怪談回にて天道が言った

「子供の願い事は未来の現実。それを夢と笑う大人はもはや人間ではない。」

具体的にはおばあちゃんが言ったらしい発言だけどおばあちゃん出てこないから仕方ない

 

 

そして俺が一番好きなのはファンの方も特に好きそうなあのセリフ

 

 

矢車「お前か?俺の相棒を笑ったのは…俺も笑ってもらおう。」ヘンシン!!

 

 

かっっっっっっこよすぎでしょ!!!!!

 

 

 

ちょっと一人で勝手に盛り上がってしまうくらいにはかっこよかった。流石兄貴だぜ。

 

 

そんなこんなで、語ると小一時間くらい使ってしまいそうなくらいには面白かった。ただし、ネットでの評価でもある通り本筋のストーリーは最高ではない。10点中7点位の評価だと思う。(というか平成前期ライダーは良作が多すぎるせいで評価が厳しい)

 

ただし、ワームとネイティブの関係性や、マスクドライダーシステム及びZECTの秘密等は結構怖いと思いつつもよく出来てたと思う。特にネイティブが最終盤で実質人類を征服していたのはとても恐怖心湧いた。今までずっとちからずくで潰しに来てたワームが印象的すぎたせいもあってか、ネイティブを味方と思い込んでいたせいでどんでん返しの絶望感が半端じゃなかった。まあネイティブ側のボスである根岸は元々胡散臭かったのでラスボスの雰囲気を匂わせてる感じは多少あったのかもしれない。僕はバカだからただの良い奴とか思ってました。

 

とりあえずここまでで。もし書きたいこと思い出したら追記する可能性はある。ほな。

イーヒヒヒウーフフフフ

タイトルには何の深い意味もない、おたんこなすです。

 

 

まだ昼間ですが今日半日過ごしてとても驚いた事を一つ書き残しておこうと思う。とても当たり前であるのだが、ツイッター廃人の僕にはなかなか気づくことの出来ないことだった。

 

 

Twitterを見ている日よりも時間が遅く感じる

 

 

あら不思議、と言った感じ。しかし当たり前といえば当たり前で、数年前から毎日欠かさずTLに張り付いていた自分をもっと客観的に見るべきだったかなぁと。しかし、まだ1日も終わってないのにも関わらず暇すぎてTwitter見ようか悩んでいる愚かな人間が、そこにはいた。というか僕だった。

 

 

一応Croudiaはやめる気無いので(というかマイナー過ぎて知り合いなんて一切見ない)SNS廃人という意味では一切抜け出せてないのですが、Twitterは辞めたいね。あれこそネガティブを悪化させる種ですよ、うんうん。

 

 

 

 

それと、ここ最近いろんなゲームに手を出してたけどまぁまぁな時間続いてるのはまずPSO2

 

ほんと、自分でも驚いてる。かなりだらけてる帰還も会ったけど改めてやり始めてここまで続いてるのは珍しい部類だと思う。というのも、たま~にやりたくなる不思議な魅力がある。それ以上にメセタ稼ぎや武器強化に心やられて放置する

 

 

後もう一つ続いてるのが 将棋 ですねぇ。これ本当に神ゲーだと思う。

まず戦法の量がすごい、研究されてる。なのに「必勝の戦法」が存在しないんだよね。奥深いし、何より運を完全に排除した脳の殴り合いみたいなのが楽しい。下手だけどね。

 

 

同じく脳の殴り合いみたいなゲームで最近少しだけ熱いのがぷよぷよ

どちらかと言えばこっちは基礎的な形や応用を踏まえた上での脳の瞬発力を競うゲームですかね。僕は応用力がまるで無いダメ人間なのでちょっと萎えかけてきてますが。奥深いという意味では将棋に負けずとも劣らない現代のテレビゲームだと思います。

 

 

 

さて、長文描くのが苦手なので今日はここまでに。もうちょっと上手くなったらぷよの記事も上げるかもしれません、後ポケモンですね。僕はポケモンがいちばん好きです。ほにゃ。

劣等感

時折、自分の同級生をネットで見かけることがある。

 

僕は、自分とその他人を比べて激しい劣等感や自分に対する嫌悪感をよく覚える。僕の特性の一つに、「後悔はすれども努力はせず」というものがある。これは過去ばかり見て努力を怠ってきた事を悔やんで「辛い振り」をしているのだ。

 

そんな行為に意味はあるのか?そう思うかもしれないが、死ぬ為の理由付だと言えばカンタンなのかも知れない。とはいえ、痛い事は恐ろしい。死ぬ事がどれほどの恐怖か想像するだけで足が震える。

 

 

 

しかし、死とは同時に現在点から唯一脱出する事ができる抜け穴でもある。死さえすれば少なくとも今いるこの「おたんこなす」という人生からは確実に抜け出せる。なぜ言い切れるかと言えば全く同じ人間が過去として存在した例がないからだ。

 

 

こうして僕はまた脳内で「死ぬ事の良さを理解した振り」をして、自分に安心を求める。f:id:kozupixi:20170326185035j:image

 

 

初めての” 記 事 ”

とりあえず、忘れないうちに今日見た夢の話でもしてみようと思う。

 

舞台設定:僕は楽ということでとある施設でバイトすることになっていた。そしてその施設はバイトの子を軟禁する、宗教じみた施設でした。僕は身ぐるみを剥がされるハメになるのですが、なんとか外に逃げ出せました。

 

外に出てみれば見たこともない場所でしたが、自宅近くにある国道沿いっぽいことは理解できました。そして、追われていた僕はすぐ近くにあるトンネルに逃げ込みました。

 

トンネルの中はとても長く広い空間で、明かりは薄いオレンジ色しか無い。その上真っ直ぐにしか進めないようになってました。

理由は簡単で、しかしながら驚くような状況でした。大量に踏切が重なっていました。つまり真っ直ぐにしか進めないというのは横を見ればびっしりと線路が並んでいたからです。しかも、立ち止まれる部分が殆ど無いのに電車が往復しまくっていてめちゃくちゃ危険でした。

 

僕はその道から家に帰れることを信じてひたすらに走りました。パンツ一丁で。

たどり着いた場所は…

 

 

本当に見たこともない山奥でした。雪が降っており、夢の中でありながらとても震えたことを覚えています。

しかし、引き返したくはありませんでした。死ぬ思いであの踏切トンネルを越えたからです。

 

僕は仕方なく、どうにか助かるために暖かい場所を探して下っていきました。そうすると何故かゲーセンがありました。ゲーセンには大した数のゲームは置いておらず、やたら自動ドアで部屋分けされてました。半裸であった私は人の視線に耐えられず、とっとと通り過ぎようと走って自動ドアの先へ進んでいきました。

 

最終的には、なんと駅の改札がありました。「助かった」、一瞬思いましたが財布も奪われたので何もありませんでした。ここで最も驚いたことになんと小学校以来の旧友が同じくパンツ一丁でたってました。二人でどうしようか話していると現実では会ったことはないが何故か知り合いという人物が現れ、3人で話している中目を覚ましました。本当に山の中に出てきた時は絶望感がすごかったですね…。

 

 

なんなんだこの話(困惑)