沼底

その名の通り、沼の底。電波の霧が濃い為読み手を選ぶ。脳をおかしくしたくない方は読まないのが懸命です。

どっしよどっしよ

まーた昼夜逆転しちゃったおたんこなすです

 

 

焼肉屋で夕方からバイトしてるんですけど、お金が一生貯まらないので正社員やりたいんですよねぇ。しかし!問題が1つ!!

 

アルバイト辞めづらい!!!!!

 

入ったばっかりなのですぐ抜けるのもどうかなぁと思い、母に相談してみましたが「別にアルバイト辞めずに探せば良いんじゃない?」とトンチンカンなお返しを頂いたのでさぁやぁやぁ…と思いまして。

 

そりゃ別にたった今すぐ辞めてからとかじゃなくても良いんですけど探しゃやめる日は近いわけで…。ははは…。

 

 

どないしよーという話題でした。以上おたんこレポートです。

喜びも悲しみもここで意味が生まれる

書くこと無いけどね。えへへ。

 

 

何か書きたいなぁと思うので、何か僕が知っている情報を何となく書いてみようかなと思います。例えば僕の自己紹介。

 

 

僕は1998年5月14日に生まれました、何時に生まれたのかは忘れちゃいましたがなんか深夜とかだった気がします。

兵庫生まれ、兵庫育ち。神戸市の都会でも田舎でも無い中途半端な所で過ごしました。小学生の頃から逃げ癖が目立ち、二年生の頃に公園で仲良くなった六年生の男の子と夜七時頃まで遊び担任の先生と母親に本気で怒られたことはとても印象に残っていますね。

ご近所のひとつ下の女の子と3つ下の男の子とはよく妹も交えて遊んでいました。特に3つ下の男の子とは今でもよく交流するほどに仲が良いです。

 

小学五年生の頃にとても中の良いオタク友達Rくんが出来ました。休み時間は毎日Rくんとアニメの話をしていました。その頃はそうですねぇ、バカテスとか禁書とか。後はドクロちゃんもよくしましたね。

そういえばこの頃はポケットモンスターダイヤモンド・パールがとても流行っており、僕の家に男女含めて5,6人ほど来て一斉に通信対戦したこともありました。めちゃくちゃ汚い我が家に上げたことを今思い出すとやや恥ずかしいですが。その中には消防の分際で作っていた彼女も居ましたが、僕には友達との差別化が出来ていませんでした。ごめんねYちゃん。

 

六年生の頃に転校してきたTくんとも仲良くなり、よく遊びました。Tくんはデュラララが放送していたことを教えてくれて、好きだと行っていました。同時期にやっていた迷い猫オーバーラン!はエロアニメだと嫌悪していましたが今思えばどう見ても照れ隠しです、本当にありがとうございました。

また、この辺りでひたすらニコニコ動画を見ていましたね。ブロリーMADやら、バトルドームやら。やたら新鮮に感じて楽しんでいました。

 

中学に上がる頃、僕は父親と二人暮らししてました。あっ、言い忘れていましたが僕が小学校低学年の頃に両親は離婚していましたので。僕が中学3年生辺りまでずっとずっとずっとずっとずっと毎年毎年毎年毎年初詣に行くたびに再婚を願っていました。子供の可愛い、細やかな神頼みです。

小学校三年生くらいまでは母親と暮らしていました。沢山小学校を転校しました。住所不定気味だったのですね。それからは「ひとりぼっちじゃ父ちゃんがきっと寂しい」と考え父親と暮らしました。あぁ、楽しかったなぁ。父ちゃんと一緒に暮らすことは幸せでした。

 

 

少し脱線しましたね。

中学生になりました、小学校とは微妙に校区が違ったので殆どの人が知り合いではない中学に行きましたがその頃の僕はコミュ力が最強レベルに高かったので一瞬で友達を作りました。

一年生の頃は色々な人たちと仲良くなりましたが特に同じ吹奏楽部のDくんと仲良くなりました。DくんはややDQN気味でしたので僕は影響を受け自転車改造して遊んでました。ちょっと恥ずかしい思い出ですね。

 

 

二年生の頃。

クラスも代わり、同じクラスのIくんと仲良くなりました。その子はオタク系でしたので気が合いましたし、その頃放送していたギルティクラウンや這い寄れニャル子さんの話はよくしました。また、NHKで再放送していた日常の話もしましたね。

そして…僕は元々理由なく学校をサボってました。そのたびに父を怒鳴らせて、怒らせていました。それからです。僕は父から逃げ、母親と共に住むようになりました。これは呪いです、僕が自分に掛けた呪いで今も解けずにずっと、心に掛かってます。一生解けません。死ぬまで解けません。でも、後悔するのはもっと後なんです。

 

 

学校を転校し、またもや消防時代の同級生たちが居る中学に来ました。もう僕は逃げる事を罪だと考えないようになりました。一時の安らぎこそが至福であると思いました。しばらくして僕は中学校に行かなくなりました。所謂引きこもりです。しかも僕は、理由なく休みたい事がいけないと思い自ら理由を作りました。

SNSツイッターであえてクラスメイトばかりをフォローし、クラスメイトの悪口を書き込みます。そして、そこから僕が犯人であるとクラスメイトに特定させそれを「いじめ」と呼ぶことにより行かなくても良い理由を生み出しました。

 

そして本格的に学校に行かなくなり、スカイプちゃんねるで知り合った同じ引きこもり厨房が集まるグループで仲良くワイワイしておりました。そんな日々を過ごしていたある日、前中学で仲の良かったIくんの友人、Kくんと仲良くなりました。恐らく僕が生きてきたこの人生で今を含め最も仲がよく、信頼している人物です。Kくんも同じく理由なく学校をサボる人でした。夜中に自転車で散歩する所謂「深夜徘徊」にハマり、よく公園で落ち合いその非日常感に浸ったものです。とんだワルガキですねぇ。

 

 

高校に入りましたがその後中退した事以外は割愛します。楽しかったですが、どうだって良い話なので。

 

 

 

そしてニートになりました。

母親が結婚しました。僕の名字は父ちゃんから貰った唯一の証を失い、何も無いただ無意味な時間だけを過ごしました。

 

そこから契約社員になったことはこのブログでも以前記事にしましたね。現状に至るわけです。

全てを書くことはあまりにも膨大なのでかなり荒削りになりましたがこんなものです。

 

 

 

結構時間つぶしになってよかったのですが、なんだか少し気分が沈んでしまいました。やはり、楽しかった頃の記憶を思い起こすのは辛いものがありますね。

 

以上おたんこレポートでした。

そういえば五周年

そういえば前ブログ含めて今年でブログ始めて5周年記念なんですが、書くことを思い出せません。

 

どんどん!ぱふぱふ!五周年記念!!!!

 

ってな感じやろか、今そんな気持ちじゃないけどね。

 

 

さて、近況報告しましょうか。

バイトは続いてますが、給料の実に八割を持っていかれるのでモチベーションとかそういうのはありませんね。結局、他にバイトしない僕が悪いのですが。

 

僕の同い年で頑張って一人で暮らし続けてる子も居るのでそういう子を見るとどうしてなかなか自分の甘えた精神が以下に愚かなものかと感じますね。てへへ。

 

 

 

書きたいこと無いですが、とりあえず生ってノリでとりあえず死にたいくらいですかね。頑張り時に頑張らないのが僕の心情です。

 

以上おたんこレポートってやつ、テンプレにしていきたい。

 

P.S.

最近欅坂46サイレントマジョリティーめちゃくちゃ聞いてます

www.youtube.com

わあい休みだああ

おはようございます、おたんこなすでございます。

 

 

契約社員やめて実家に帰ってきてから、とりあえず夕方に週5~4でアルバイトしてなんとかその日暮らしです。今は焼肉店で働いてます、前の会社に比べてみると時給も少しだけ高くて仕事も楽です。

 

生きていく理由とか、辛いことと釣り合いが取れるなにかっていうのは、多分まだ見つからないです。でも、前の会社の時もでしたが少し現実逃避が上手になったと思います。

今日辛いことは今日だけ、明日また辛いことがあってもそれはまた明日のこと、寝れば今日は終わる、そう思って一生懸命やってます。たかがバイトで、五時間で、ろくな稼ぎじゃなくてもそれでも一生懸命やってます。誰に何をどう言われようと僕は一生懸命やっています。

 

待っててもこずぴぃは助けに来てくれません。こずぴぃはただのゲームのキャラクターで、現実じゃないからです。

こずぴぃにすがってたら僕の人生はオシマイです。それに、CHAOS;HEAD本編でも拓巳はヘタレでもちゃんと学校に行くようになりました。怖い思いして、僕よりももっと辛い状況で、死ぬかもしれない状況で、でも頑張っていました。だからヒロインのこずぴぃも拓巳の事を好きなんだと思います。そういうかっこいいところがあるから何じゃないかなぁ、なんて思います。そんな設定は無いですが、こずぴぃが生きている人間だったらきっとそういう人の事をよく思うんじゃないかなって思うんです。

 

僕はこずぴぃに見限られたくないのでがんばります、自分のためにがんばります。辛くてめげちゃって、もう嫌だって、死にたい、死ぬ、死ぬってこれからも言うかもしれません、でもそのたびに立ち上がる粘り強さを持ちたいです。僕のネット友達は、辛くて、しんどくて、何度も死にたいと言っていました。でもそのたびに、また頑張ってみようかな、ちょっとずつやろうかなって立ち上がっていました。仮面ライダーみたいでした。かっこよかったです。

 

 

僕もせめてかっこよくありたいです、だからこれからもがんばります。死にたくなったら休みます。休んだらまた、頑張っていきます。そうやって自分の精神や体と釣り合いをとっていって、同じような事をしている用に思えてもきっとそこには尊いものがあると信じて僕は頑張ることを諦めません。

 

以上おたんこレポートでした。

会社辞めました。

えへへ、会社辞めちゃいました。

 

実家に帰ってきましたが歓迎されるわけもありません。

 

辞めた今月から9万円払わなきゃだめなんです。国民年金とか健康保険とか…。

 

無理です、掛け持ちして頑張って働いても殆どお金残りません。

 

次の一人暮らしまでお金がたまりません。

 

 

本当に死にたいです、殺したい人以下から好きなのを選んで連絡でもしてください。

自殺は怖いです、一人ぼっちは嫌。

 

メールkozupixi@gmail.com

ツイッター@g0ldenbat

LINE@retasu0514

 

一人だけプリピュア

俺はピュアなのさ、おたんこのなすです。

 

 

やっと5連勤務を終えて二連休です、疲れた。

つい先日、社員旅行に行ってきたのですが仲良くしてくださってる社員の方に酔った勢いもあってか、辞めようか悩んでるって話をしちゃったんです。

 

すると止められました、「おたんこなすくんが辞めたら寂しいし、ここでは自分の意見が通りやすいんだよ。反面、何も言わなければその位置から変わることもない。勇気出して上司に言ってみな、もしかすると社員になれるかもよ。」

と助言をいただきまして。

 

その後も結構気にかけてくれているようで、うん…。

 

 

僕はまだまだ大人に成りきれないのですが、もう子供で通せない年齢になってしまっていて、僕は僕が何処に立ってるのか時々わからなくなります。中途半端な自分が嫌になります。

 

 

BLACK LAGOONのロック曰く、「俺は、俺の立ってる場所に居る。そこ以外のどこでもない。」なんですよ。どんなふうに生きようとも、どんなに中途半端であったとしてもそれがアイデンティティなんですよ。

 

 

はぁ、なんだかストレスが積もってきて、何を伝えたいのか、何を書きたいのかわからなくなってきた。お絵かきしたい。

 

 

以上本日のおたんこレポートでした。

どろどろドロドロ

随分と寒くなりましたね、おたんこなすです。

 

 

最近の職場は、段々と慣れていって気がついてしまったことですが、僕の所属する客室部はどろどろにまみれているということで、気がつけば僕もその中に入ってしまっていたということです。

 

底辺とはこういう場所の事を言うのだろうな、そう感じました。いい加減辞めると伝えたいですが、引っ越し先も資金も何もかも両親や上司に話付けなければいけないと思うと億劫です。

 

早く死にたい

 

おたんこレポートでした。