沼底

ヘイラッシャイ!生きる事に対して無気力で怠惰な若者だよ!

一間飛車という戦法、その真価

なんとな~く研究していたんですが振り飛車党僕は怖くて指せない、おたんこなすです。

この記事は誰かが見て、誰かが一緒に研究してくれたら嬉しいなぁと思って建てます。今回は平目…ではなく、一間飛車です。知らない方のために少し解説を。

 

 

一間飛車とは…

 

f:id:kozupixi:20170530185249p:plain

 

これである。

 

多分初見だと「!?」って感想が殆どであろう、だって意味不だもん。Wikipediaさんによると「低い陣形からのカウンターを狙っている。」らしい。でもな?今時そんな受け特化戦法で勝てるくらい甘くはねーんだよな?そこで、僕が思いついた戦型が、これだ。

 

f:id:kozupixi:20170530185723p:plain

 

まず思いついた発端は「強烈な端攻めを受けられる囲いは存在しない、それならば…」という単純な発想だった。そして、一間飛車は右側を強く意識した戦型であるため、相居飛車前提とする。飛車の横利きを活かして角が7七に上がる必要性が薄いことを利用したい、さらに居角で端攻めに参加させるなら四枚で硬めな「雁木囲い」だ!!さらに1七に桂馬を跳ねる発想はトマホーク三間飛車を参考にした。フフン。

 

 

実は実践したことは一度もない。

 

 

僕はチキンなので、致命的な穴は無いだろうか?振り党の僕が指して上手くいくだろうか?等色々言い訳して結局研究は進まない。

 

…ので!この記事を見てくれた方に託します!!!!!!!!(勝手)

他にも玉頭銀も織り交ぜてみる形など、色々考えましたがいい感じまとまらなくてとりあえず忘れないうちに投稿だけ。

もしかすると雁木ではなく左美濃の方がいいのかもしれません、舟囲いの方がいいのかもしれません、わからないです、研究不足なのです。

 

 

 

誰か助けて(懇願)

 

 

 

以上!