沼底

ずーぶずぶずぶ

ネトストの定義、んでいつもの糞長い人生観(笑)

ども

 

俺は自分のブログが見られるだけでも結構嬉しかったりするんですが、人によっては不愉快だったり恐怖を感じたりするんですか…?

 

俺は気に入ったブログとかは暇つぶしの一環として更新されてるか回るんですが、今ってほら、足跡機能とかあるじゃないですか?あんまり頻繁だと気持ち悪がられたり、ネットストーカー呼ばわりされるのかなぁと少し疑問に思います。

 

そんな風に、アウトなのかセーフなのか、ギリギリのラインを見極められない辺りは僕らしいですね。悪い意味で。

 

 

コミュニケーション能力の圧倒的低さで、対人関係悪いし、面白いこと言えないから一緒にいてつまらない人間になっちゃうし。俺自信思うのが、単純に一緒に居て楽しくない・面白くない人と会話したり出かけたりするのって相当苦痛なんですよね。その人が善か悪かとかいう話ではなくもっと根本的な部分です、合わないとは正にそのことなんでしょうね。

 

 

でも白米みたいに誰にでも一定の面白さ・楽しさを提供できる人間って居るじゃないですか?そういう人種が多数派だと勝手に思うんです。つまり僕みたいに一定の間合いを見ながら話す、一緒に居て苦痛になりやすいタイプの人間は異端で人生そのものが向いていないんじゃないかなぁと、思います。

 

 

もっと強欲に行くなら誰に対しても一定の面白さを提供できる人間であり、未来・現在の為に努力を惜しまない人間であり、具体的な計画を常に建てられる人間であり、色々なモノに挑戦して豊富な人生経験を手に入れられる人間であることが常識であり日本では一般、これらを持ち合わせていない人間は異端かのように扱うんですね。

 

 

いやはや、手厳しい。僕も所謂一般的な人間として生まれ生きたかったものですね。