沼底

その名の通り、沼の底。中二電波が深く、読み手を選ぶので脳をおかしくしたくない方は読まないほうが良いです。

本当の幸せに気づいてしまった

恐らくそれは…完全なニートになることです。将来を考慮し、バイトやハロワ通いをやめて最早何も考えない毎日を送ることです。

 

 

時が経てばやがて恐怖することも無くなり、あれだけ恐ろしかった社会進出や両親が亡くなった後の未来を考えなくなります。

 

 

恐怖心や不安が無くなれば人は心の平安を手に入れます、平安は幸せなのでこれが本当の幸せです。永続性というものはそもそも幸せには存在しないモノ、どの人間にも言えることですが幸せはやがて終わるものなのでこの幸せに永続性が無いのも当然。

 

 

詰まるところ、幸せは考えないことなんですよ。何も考えないのが幸せです。なのでこれから僕は何も考えずにネトサと将棋してるだけの人間になります、ソレ意外はもう要らないです。