沼底

その名の通り、沼の底。中二電波が深く、読み手を選ぶので脳をおかしくしたくない方は読まないほうが良いです。

価値とは

ニートになってかれこれ二年が経とうとしている、おたんこなすです。

 

 

最近、離婚して長く経つ父と遊ぶ約束をしまして、実際に遊びに行きました。どこに行こうか相談した末、競馬場へ行くことへ。

小生、競馬場へは行ったことが無かったのでどんなところか、楽しみにして行きました。

思っていた程に陰気な場所ではなく、何なら子供連れも大勢居ました。場内には野台がお祭りの如く点々と立っておりました。子供が遊ぶ為の公園もあり、想像以上に場内は意気揚々としておりました。

僕はと云いますと、父とパドック(馬が走る前にウロウロしてる広場みたいな場所)で良さげな馬を選んで100円賭けてレースを見ていました。1つも当てられませんでしたが…ハハ、あれ難しい。

こうして楽しい休日を過ごした訳ですが、実の所僕は父と僕との距離感が分からなくなっており、楽しさを感じている裏では疎まれているかも知れないという恐怖から常に家に帰りたいと感じていました。

 

 

 

僕と父は、一時期ずっと二人暮らしをしていました。しかし、僕は学校に全く行かない等迷惑ばかり掛けていました。問題なのは、僕が学校に行かなかったことに理由が存在しなかったことでした。いじめられているわけでも、友達が居ないわけでもありませんでした。ある意味図太かったので、サボりがちな割には吹奏楽部の活動にも参加していました。ただ「面倒くさい」そんな事を理由にサボり、そして父のストレスを全くもって理解出来ていませんでした。

僕は最終的に、父の怒りに怯え、母の元へ逃げました。それを最後に、父との二人暮らしは終わりを告げました。これが、僕の人生で最も大きな失態だったと言えるでしょう。

 

 

それから僕は転校先の学校でも変わらずサボったり行ったりを繰り返しました。そして、最もやってはいけないことをしたのです。あまりにも醜い方法を取り、自ら学校へ行けない状況を作り出すことで学校へ行かないという行為を正当化しました。どんな方法か、それはここにすら書けたものでは無いほどに自らの醜い部分です。

 

それからはほぼひきこもりに近い生活でしたが、具体的には違いました。

まずは昼夜逆転です、早朝眠り、夕方に起きる生活。

Skypeで知り合った同じ学生ニート達と通話によるコミュニケーション、

同じ学生ニート仲間と深夜に落ち合い、適当に雑談、散歩等。

 

これはこれで楽しい一年間でした。

それから偏差値の低い私立高校へ入学、中学と同じように行ったりサボったりを繰り返し当然のように留年、中退。

 

現在に至ります。

面白い話ですよね、同じことを何度も何度も何度も何度も繰り返し、僕は中学生の頃から何も変わっていません。これは両親が悪いのではなく、根本的に僕がダメなのですね。

 

 

 

何を伝えたいのか、何を吐き出したいのか。

僕は人生に失敗した、それだけです。日本中に大量に居るダメ人間、社会不適合者、怠け者、甘え、そういう物の一部です。

 

 

そしてこの底辺に落ちた人間は口を揃えてこう言うのです。「死にたい」「社会が悪い」「親が悪い」

 

理由はわかりますか?

今まで逃げることしか学んで来なかったからです。逃げることしか学生時代に行わなかったからです。だから未だに前進する、「就職しよう」「勉強しよう」という発想が出てこない、その発想からすら逃げているのです。逃げている間は気持ちいいですからね~、責任から逃げることは人生を自ら溝に捨てることです。

 

 

 

長々と書きましたが、僕がこのブログのクッソ長いこの文章を読み上げてくれた方に伝えたいのはただ一つです。

 

面倒から逃げたその先に逃げ場所は無い、故に立ち向かう以外に人生を楽しむ方法は無い。

 

 

俺は反面教師です。俺の真似をして人生を溝に捨てたい方はどうぞご自由に。ただし、後悔することは折り紙付きです。両親からすらも見放される絶望感、孤独感、そしてもはや何も間に合わずにただ死を待つだけの焦燥感をとくと味わいください。

 

 

追記:どうでもいい話ですが、これから死ぬニート・ひきこもりの為に1つ良い事を教えてあげます。僕は死ぬ時は首吊りにしようと決めています。理由は2つあります。1つ、強い衝撃の伴う方法では無いため度胸が無い僕のような人間でも出来る。2つ、好きな音楽を聞きながら出来る。この2つめが大事です。最も好きな音楽を耳に終止符を打つなんて、なんだか素敵じゃないですか?僕はそう思います。それに、人生を終える瞬間に聞く音楽をどれにしようかなんて選んでるだけでワクワクするじゃないですか。僕は未だに、どの曲にしようか決められません。