沼底

その名の通り、沼の底。電波の霧が濃い為読み手を選ぶ。脳をおかしくしたくない方は読まないのが懸命です。

チラシの裏に書き込むこと

俺がつらい気持ちに陥った時、その要因となるモノが細かなものを除いて2つなんですよね。

 

一つ、過去の過ち・楽しかった記憶・今人生を謳歌している同級生や友人を思い描いた時

2つ、就職せずに未だ貯金も何もないニートをしている事実を見つけ直した時

 

 

誰かとお話がしたい、つらい気持ちを共感ではなくとも共通認識としたい、寂しい。

 

 

俺は一番の友人だった人と話したい、遊びたい。でも嫌われてるかもしれない、疎まれてるかもしれない。そう思うと話しかけることですら怖い、本心では鬱陶しがられてるかもしれないと思うと辛い

 

 

しかもこんなことになったのは俺の今までの行いのせいだろうし、自業自得なのだろうと思う。

 

でもただ、寂しい。辛い気持ちをせめてブログに書き込むことでちょっとでも緩和出来たらいいかな、と思う。