沼底

その名の通り、沼の底。電波の霧が濃い為読み手を選ぶ。脳をおかしくしたくない方は読まないのが懸命です。

さむいこわい

一日だけホームレス体験してきた。

というか、まぁ色々アリマシテ。外で、地べたで寝てきました。

 

低気圧も相まって風が凄まじくガクガク震えながら寝たり起きたりを繰り返す。

目が冷めてもやることが無いのでただひたすらぼーっとして朝を待つ、無限にも感じられる時間を生きた。

 

 

この体験により僕はより強く就職活動に力を入れようと思ったと同時にホームレスを続けている方々に敬意を表するようになりました。

僕ならものの3日で自殺してしまいそうだ。友人曰く「高い所に居る人間にはアリは見えない」らしいが、まさにその通り。アリの気持ちを教えていただいた。

 

僕がこの世で最も尊敬する人種にホームレスを追加することになった。