沼底

その名の通り、沼の底。文句は受け付けない、だって沼ン中じゃしゃべれないじゃん。

最近どう?元気?

この問に「元気!!」と答えられなくなって何年立ったかもう思い出せないおたんこなすです。

 

 

この間意を決して心療内科へ行ってまいりました、精神病というのは診断が難しく己で調べてどれが最も当てはまるかを探すもの、だと思うのですが恐らくは「社交性不安障害」でありました。

頓服のソラナックスがあれば僕の人生は事もなし、幸せに暮らせる。そう安堵していた矢先にとんでもない事が起こるのでした。

 

昨日もアルバイトでした、ので頓服を飲んで行ってきましたが効きが弱いと感じました。不安感は拭えず、その後待ち構えていた第二波とも言うべき「友人との飲み会」も結構キツかったのであります。そうした感覚、友人との関わり合いを重いと受け取る感情からもしかしたらうつ病も患っているのかなぁなんて考える日々です。

 

最近、寝ても覚めても体が重く、PCでネットサーフィンするのも一苦労にあります。趣味の将棋は何とか続いており、勝っても負けても勉強です。趣味が楽しめている間は軽症で済んでいると思っているのですがどうでしょうか、僕はお医者では無いので判断が付きません。

 

 

もう一つ、悩んでいるのが他者から見た僕と僕自身が客観視した僕のズレがとても激しいのです。これは何も最近に起こったことではなく、意識していなかっただけでおそらく昔からそうでした。

僕から見た僕という人間は

・努力足らずで傲慢

・醜い容姿

・浅い考えと滑稽とも取れる学習能力の低さ

 

これらは時に人を怒らせる、あるいは不愉快に思わせると考えています。

 

 

何が伝えたいのかというと、こんな人間が存在・生存しているのだから好きなだけ見下して、反面教師にしてもらいたいということです。人の役に立てるというのは、どんなものにも代えがたいものです。

 

僕はもう死にたいです。