沼底

その名の通り、沼の底。電波の霧が濃い為読み手を選ぶ。脳をおかしくしたくない方は読まないのが懸命です。

コントロールヴァンパイアinメイルストロームサーペント

気分転換にゲームの記事でも。

 

 

 

バフォメットナーフ後の環境を皆さんはどうお過ごしでしょうか?おたんこなすです。

 

バフォメットのエンハンス効果が消えたことによりとある二枚のカードが大幅弱体を喰らいました。アザゼルとメイルストロームサーペントです。(倉木はナーフの元凶なのでシラネ)

今回の構築ではこの後者、メイルストロームサーペントがどうしても好きなC帯底辺の僕が考えた簡単なコントロール軸です。

 

というのもですね、ここ最近はもっぱらコントロールヴァンパイア(通称:昆布)が自分の中の流行り、現環境に置いては一番サーペントを活躍させやすいデッキなので。環境に蔓延るパワーカードの対策を重ねまくっていたものの、事故しまくるんで何やかんやでやりたいことを通すシンプルなデッキに落ち着きました。

 

f:id:kozupixi:20170914004653p:plain

 

軽く解説を。

 

・バフォメット三枚

まずバフォメットはエンハンスが無くなったとは言えヴァンプフォロワーのみをサーチしてきてくれるのは便利。単純に序盤出すフォロワーとしても2/1は悪くないスタッツで、狙いはやはりベルフェゴールを序盤で引くこと。

 

・糸蜘蛛の悪魔三枚

いわずもがな壁役。2コス1/4という脅威のスタッツを誇る昆布ほぼ必須級のカード。序盤凌げる上、終盤でも悪くないスタッツなので枠が開くならまず入れて損はない。

 

・血の取引三枚

単純にデッキ圧縮になる。特に序盤、相手が展開してこないならどんどん使っていこう。

 

・群れなす飢餓三枚

この枠は随分悩んだ。特に鮮血の口付けと一裂きとで。同名フォロワーを除去出来るのはおまけ程度に考え、2コスで3ダメージ与えられるコスパの良さを考慮し飢餓を選んだ。ここは好みで別のカードにしても良いかもしれない。

 

・黒死の仮面三枚

文句なしの神アミュレット。血の取引や糸蜘蛛の悪魔のような自傷ダメージを無いものと出来る上、単純に壁にもなる万能カード。他、ブラッドムーンを引けない状況下でベルフェゴールをノーリスクで出すことが出来るなどこれもほぼ必須と言える

 

・風の軍神グリームニル二枚

デッキの事故率を下げてくれる他、終盤エンハンスで盤面整理出来るなど相当優秀なカード。ナーフにより相手リーダーにダメージが入らなくなったがそもそもフィニッシュはサーペントやイスラで叩き出せば良いので問題なし。

 

・漆黒の契約一枚

使用可能かどうか相手と盤面に寄って変わるため難しいカード。ただし設置出来れば二枚ドローという大きなアドバンテージを得られるので一枚は入れておくべき。二枚以上入れると出すことが難しい状況下で手札の荷物になるのでそこは各自調整スべし。

エーテル無くて一枚しか生成出来なかったのは内緒

 

・ブラッドムーン三枚

出すことに寄って体力の制限を受けずに復讐状態になれる。サーペントの分身を向上させる他、裁きの悪魔とも互換があるのでほぼ必須カード。三ターン目に出すことが出来ればディアボリックドレインや黙示録を低コストで序盤から使っていけるので非常に盤面を取りやすくなる。

 

・裁きの悪魔二枚

復讐下の盤面除去に置いてこいつの右に出るものはエメラダくらいでは無かろうか。4コスの癖にスタッツが2/5と高めになっており、復讐で必殺・ドレインが付くのもいやらしい。進化で4/7と必殺を活かせる体力になる他、4回復出来るので居てまず損は無い。盤面を強く意識するなら三枚にするのもありかもしれないが、ブラッドムーンを引けないと少々お荷物になる可能性があるので注意

 

・ベルフェゴール三枚

文句なしの三枚積み。ブラッドムーン及び黒死の仮面を出した状態であればノーリスクで召喚出来る上に二枚ドローも付いてくる。こいつが居るだけで手詰まりがグッと減るので必須級カード。その他、体力11など微妙な状況下で復讐に入ることも出来るので汎用性は高い。

 

・ディアボリックドレイン三枚

回復ソースである他、復讐下でコスト1になると非常にコスパが良い。4ダメージ与えると地味に高火力なのも美味しい点、復讐を軸とするサーペントコントロールではまず合って困ることはない。

 

・デモンオフィサーエメラダ三枚

こいつに関しては復讐で無くとも「ファンファーレ:相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する」というクッソ便利な除去性能を持ち、更に復讐下で疾走を持つという超便利カード。バハムート対策枠。ただし、7コストと少し重めなのが目につく。三枚積みなので序盤引きまくって事故するのが怖いのであれば二枚積みに変え、一枚は死の舞踏やエクスキューションに変えてあげると少し落ち着くだろう。

 

オーディン一枚

唯一の消滅能力を持つフォロワーである。昆布使いなら分かるだろうが、モルディカイ対策枠。二枚目が出てきたら諦めるかそれよりも早くケリが付くことを祈ろう。その他、アミュレットも消すことが出来るためエメラダと同じくエイラやデュランダルのような強力なアミュレットを除去することも可能。他にもラストワードが強いウロボロスやカムラなどを消滅出来るため汎用性は意外と高め

 

メイルストロームサーペント三枚

主役。このデッキではフィニッシャーを担う。ええ?倉木の方が優秀?分かってないねぇ…。

 

こいつの方がかっこいいじゃないか!!!

 

理由なんてそれだけで充分さ。その他、テミスを誘い打ちさせることも可能。囮に使うこともあるが、大体詰んでいれば出しただけで降参されるので最高にクールだぜ。

 

・黙示録三枚

シャドウバース三大除去スペルの一角を担うカード。むしろ入れない理由が無い。単純にフォロワーを並べられた時に打てる他、相手がフィニッシャーを出してきた時もかんたんに除去が出来る。更に復讐下ではコストが8から4と激安にも程があるレベルになるので打ってなおかつフォロワー展開、なんて芸当も可能。昆布ならまず必須カードだろう。

 

・イスラフィール一枚

サーペント以外のフィニッシャー兼回復ソース。こいつを出して進化→テニスを打たせた後にサーペント展開、みたいな用途もある。何やかんや居て助かる場面が多い上、サーペントだと難しい全体除去を進化ですぐさま行えるなどこいつも汎用性が高い。この枠はバハムートやルシフェル、倉木など色んなフォロワーを入れられるだろう。だが除去、回復、そしてフィニッシャーを担えるのはイスラだけでは無いだろうか?多分…。

 

 

 

 

まぁ説明はこんな所である。流れは簡単に言えば

1~3ターン目

糸蜘蛛、グリームニル、黒死の仮面などで凌ぎつつ余裕があれば血の取引や契約でカードを補充。バフォメットでベルフェゴールが引ければなお良い。

顔では無く盤面処理を優先。

 

4~5ターン目

ブラッドムーン、ベルフェゴールを展開しさらに手札を補充し終盤に備える。

こちらでも盤面処理を優先する。

 

6~10ターン目

盤面処理をしつつ、相手の手札が少なければバハやテミスを警戒しつつサーペントやイスラを展開する。

手札が多くても渋ってたら勝てないので結局出すしか無いがwwwww。

 

バハムートの対策はエメラダ、裁き、オーディンなど豊富なので恐らく問題はなかろう。

テミス対策は難しい所だがサーペント・イスラフィールなどの大型フォロワーを展開し、相手に打たせる位しか無い。手札にサーペントが二枚、三枚来ている状況でイスラ進化で相手盤面全除去とかすれば大体打ってきてくれるんじゃ無いかな(適当)

 

 

まぁ、こんな所だろうか。随分と長くなってしまったがこれが私の考えたシンプルなコントロールサーペントである。ちなみに私はC帯の人間なので、あまりこの構築を真に受けないように。本気でサーペントをグラマスまで使いたいなら、グラマスの人間に構築を聞こうな。

 

f:id:kozupixi:20170914012614j:plain

この快感を覚えちまったらもう誰にも止められないぜ…へへ…。

 

 

 

 

 

 

 

以上!