おたんこメモリー

おたんこなすな人生だ

絶望に投与する薬は無い

人は誰しも多かれ少なかれ孤独を感じることがある。

 

状況も多種多様、人によって様々。もしかすれば10人中1人だけが感じる場合もあるかもしれない。

 

孤独の特性は文章化し難い、それでもあえて例えてみるなら『巨大な寂しさ』であると思う。これに対してもまた、人それぞれ色んな対処を試みているだろう。俺もそんな孤独に悩まされる一般ピーポーな訳だけど、ずっと解決策を探し生きてきた中で一つ考えついた壁があった。

 

それは自分自身では絶対に認めたくない、深層心理という言葉の通り心の奥底で切に思っている感情だった。それは。

 

 

孤独は絶対に消えることはない。孤独は死ぬその瞬間までずっと纏わりつく。

 

 

こう思った時、その孤独に対する対処法も同時に想像してしまった。それが”対処”と言えるかはわからないけど、そのことについてしっかり文字にして残しておこうと思う。

 

唐突だけど、人間は慣れるということがとても得意な生き物何じゃないかと思う。適応能力が高いと言い換えても良い。そんな人間だからこそ、孤独にさえも慣れることが出来るんじゃないか。或いは、慣れるしか無いんじゃないかと思うようになった。

そう思ってからの行動は早かった。まずはこの世に蔓延る純情や愛情、寄り添い合い、友情、兎にも角にも互いに支え合う概念そのものが孤独を味わった人間が生み出した空想でしかないと俺は悟った。

 

俺の父と母は結婚して、離婚した。母はまた新しいパートナーを見つけ、別れ、また見つけて。そしてまた結婚をした。

その間父親はパートナーを少なくとも俺の分かる場所では見つけていなかった。

 

一つずつ解いていく、まずは母から。

母親の気持ちに関して、俺はよくわかる。俺も一時期パートナーなんて深い付き合いじゃない、所謂セフレを作りまくっていたから。孤独を紛らわすために、相手と寄り添うために。でも、セフレは行為を終えたら途端に興味を示さなくなり、足早に解散してしまう。それはとても寂しかったしより孤独を増幅させた。だからまたセフレを探して…。これはすごく良くない行為だっと思う。ずっと辛くなるだけだったから。でも、パートナーを探し続けていた母の感情はこの時俺が抱いていた孤独と親しいものがあると俺は思っている。

 

次に父親。父は酒の席になればかなり口がゆるくなるからその時はかなりずかずかと聞いてやる。父親は「自分は人間の中でも特異な感情を持っている」と自負していて、寂しさや人恋しさをある程度感じはするが一定ラインを越えた時「まぁいい」と完全に割り切ることが出来ると言っていた。この考え方について、俺は未だに理解が及ばないが少なくとも俺の今の「孤独への慣れ」はこの思想に近づけている。

 

父の特異と感じる部分は、この割り切り思想が何も自分の感情に対してだけでは無いということだ。友人関係の亀裂、職場での部下のヘマ、或いは自分のミス。ほぼ全ての事柄において「まぁいい」と割り切ってしまう。ある種、シミュレーテッドリアリティの類ではないかと俺は考えている。第三者視点として己の人生すらも切り離してしまうんだ。この考え方は対孤独に対しては凄まじく強く、俺の理想に隣接している生き方だと思った。

 

でも、父はそんな自分の生き方を好んではいなかった。父はそんな己を「薄情」だと感じているらしい。だから、人を心底信用したことがある俺のことを羨ましく感じる部分もあると教えてくれた。

 

確かに、人を信じる事は素晴らしい。俺は人を信じる事が大好きだったしそう生き抜くことにある種かっこよさを感じていた。だから誇っていた。閑話休題

 

隣の芝生は青く見えるってやつかもしれない。

 

さて、この二人の生き方についてかんたんではあるが解いてみた。なら次は自分の感情を読み解いて行く。

 

過去の考え方は知らない、それについては書かない。自分にとって少なくとも今は必要が無いからだ。だから、今の考え方を書いてみる。

俺は、誰も信用しないことにした。善悪がどうこうではなく、それが自分の心を守るのに適した考え方だったからそうした。

孤独は呼吸だと思うことにした。呼吸しないと死んでしまうように、孤独を感じ生きなければ死んでしまう。

そして、これは生きてきて一番痛感したことだけど、『孤独』は文字に出来ない。文字にするにはあまりにも俺のスペックが足りない。でも、それは俺だけじゃないことにも気がついた。だから人は物を作るし、歌を歌うし、絵を書くんだと思った。人によって、孤独を表現出来るモノは全く違うことに気がついた。

そして、何より、音楽や絵や作品がある限りオレ一人が孤独な訳じゃない事に気がついた。みんなが孤独であった。

 

昔、国語の教科書に『スイミー』という話があった。絵本の『みにくいアヒルの子』でも良い。ようは、自分だけがそうだと思ってた。

 

馬鹿げた被害妄想だと感じるのは自由だが、自分が感じている孤独を他人も感じているだなんて誰がわかろうものか。その事実に気がつくのに俺は22年も掛かったんだ。

 

みんな『スイミー』なんだ、みんな『みにくいアヒルの子』なんだ。

孤立し、孤独し、生きてる。

 

つまりだな、各々この孤独という絶望に付き纏われて、しかし生きているんだ。こんな駄文読んでるお前も、書いてる俺も、戦っている。

 

空元気で乗り切る人も、孤独を忘れる程に強烈な毎日を過ごす人も、孤独を諦め受け入れそれをそれであると思う人も。少なくとも確実にここに1人いる。

 

こんなに苦しいのにみんな生まれてきてるんだ、絶対なにかこの世界にはその理由がある。これは絶対にそうだと思う。ファンタジーだと笑うのは結構だが、人間は今浮かんでいるお月さまにだって行ったことがある。何らおかしくない。

 

人類が、とか大層な話じゃなく。俺が生まれてきた意味が絶対にある、それをあらゆる角度から、絶対に見逃さないように今探している。

 

この駄文もその一環でした。

 

以上、備忘録でした。

心は混沌

 常に支離滅裂な文章を書き殴る自分の記事を読み返したとき、意味はわかるが芸術性の欠片もないなと消してしまいたくなる時が多々ある。

 

でも、心の中身が常に整理整頓された言葉で出来ているのなら人は文字を書かないと思う。すべてが自分の中で完結するからな、逆に言えば完結を目指し文字を書いている。

 

自分の文字は本当に乱雑で無茶苦茶だけどこれこそ俺の心そのものだと思っていて、心は混沌としている。

 

難しく言う必要はないけど、簡単な言葉だけで表現できないのが心だから仕方ない。イメージしてみてほしい、ワンルームに散らかりまくってる単語をキレイに並べるにはまずはジャンル分けから始めるのが手っ取り早いと思う。俺は、なるだけジャンル分けをするために文字を書いている。

 

結局、このブログに書く文字は整理整頓の道中で今後完成された文字が書き込まれることはない。完成されたそれは、文字にすることすらできない思想思考で俺の中に完成を果たすからだ。

 

こんなふうに、己の文字の乱雑さを今完結させた。簡潔に。(ここギャグです)

 

以上おたんこレポートでした。

人付き合いが人生においてそれ程重要でないような気がしてきて

久しぶりに記事投稿です。

 

ここ数ヶ月掛けて考え方にかなり変革を起こしたんですけど、その中でも今まで(生きてきた21年間ほど)一切考えなかった事があります。

 

それは友人関係の断ち切りです。

正直に言ってしまうと、最早純粋に友人認定出来るような知り合いは居ないのですが、居たらすみません。で、なんだかもう誰かに心を委ねて不安定になる効率の悪さも気になり始めてたんです。

 

しかも軽く扱っていて問題点として浮かびにくかった事に「友人関係への悩みによる躁鬱スイッチ切り替え」が度々あった事も挙げられます。単純に一緒に居て楽しくない、などもありますね。

 

そもそも考え方の軸を大きく変えたと言える部分として今までは

「人は誰もわかりあえない。だけど、わかりあいたい。」

と思っていた部分を

「孤独とは、息を吸って吐き出すのとまるで同じ位当たり前にあるもの。それは呼吸を辞められないのと同じように、変えられないもの」

と希望を持たないようにしたことです。それによって、完全に一人で良くなってしまいました。

 

で、大きな問題があって、そうなると途端に「友達要らないどころか最早邪魔だな…」となってしまい…。自分の時間を取れないので負担に感じるようになりました。

 

さて、自分としてはこの人達との縁を切りたいのですが思想改革前は最も大切にしているものだったので少し躊躇があります。

 

他にも、もし相手が悲しんでくれたらそれはそれでやだなぁと思ったり。暴力振るわれそうなのも怖い。

 

どうすればいいのかな、悩み中です…。

意味ある逃避行

うぇーい、ぉたんこなすびでーす

 

結局逃げて、逃げた先で警察に捕まって(両親が失踪届出してた)

実家でのうのうとしてます。

 

今、自分がどういう気持ちで生きているか。

 

焼肉屋になる夢、諦めそうになって、挫けそうになりましたがこれを書き込んでいる今でも心の中になにか引っかかるような、諦めたくないような、そんな気持ちも残っています。

 

それなのに、自分は恐れてアルバイトに逃げ込みました。今はコンビニのアルバイトをやっています。

本当は、そうじゃ駄目だと思うんです。

 

また社員を探して、飲食店での経験をもっと積むのが近道。そう思うのです。

 

 

諦めたくない、それと同時に芽生えた感情もあります。恐怖です、社会人になる前に味わっていたものとは違う、もう一つ上の恐怖がまとわりつくようになりました。

それは自分の弱さで、立ち向かわなければ夢は敵わないものなのに、怖くて仕方ないです。

 

それは、

「自分が全力で頑張っても、届かないこと。各々が出来ていることが、自分はどれだけ全力を出そうとも出来ないこと。デスクワークでも、店長でも、アルバイトの扱いでも、何をとっても不十分でお店への貢献が出来ないこと。」

 

知りませんでした、自分がここまで出来ない人間な事を、自分は知らなかったです。

今までは駄目な人間だと思いつつも、本当は「頑張れば人並みにはできる」と思ってました。努力とは、そういうものなのだと。

 

でも現実は違いました。

自分は人よりも劣っている人間だと、明確に知りました。

 

私生活において、プライベートな時間を喫煙、食事、入浴、睡眠のみに絞って残りの時間は自宅で勉強、出社時間の5時間前には店舗に着き勉強。

 

やっては見ましたが、駄目でした。

覚えても覚えても、覚えるスピードも量も常人以下だったんです。

そんなことではどんどん書類は増えてゆく、上司に怒られる。

アルバイトに見下される。

 

一番辛いことは、お客さんに「こんな店は最低だった」と言われることでした。

 

 

今、書いてて思いましたが思い返すとやはり心が痛いです。

本当に痛いのは、お店を運営している会社なのにね。人の心って不思議です。

 

自分は加害者で

会社は被害者で

 

 

でもそんな事以前に

それよりももっと大事なことに

 

 

それでもこの仕事が好きかどうか、ですよね。

 

 

好きなんです。

 

 

 

 

 

逃げるにしても、アルバイトでお金をためて資格を取ろうと思います。資格は、将来確実に生きるからです。この時間を、逃避を、無駄にしちゃ駄目です。

逃避してバカだったなぁ、だけどこのときこうしていたのは良かった。

 

そう思えるように、資格を取るんです。

絶対取るんです。

 

 

今はただ暗い気持ちだけが行き交いして、頭も上手く回りません。人生設計も、これからどうするのか。一月後のことだって決められません。

だからせめて、ゴールは決めておくんです。アルバイトをした意味を、ちゃんと。

 

食品衛生責任者

防火管理責任者

 

この2つの技能を、このアルバイト中に必ず取ります

これは約束じゃなくて、自分への決意として書き込んでおきます。

 

ネガティブ思考ながらも、何かを残せたらいいなと思います。

 

以上おたんこレポートでした。

滑稽な備忘録

ここ数日間は特に顕著といえる、絶望というものは些細なことで蓄積されるものだ。

蓄積は決して他者からもたらされるものとは限らない。というのも、自分も自分の仕事のできなさにほとほと愛想が尽きていた節がある。それはもう毎日怒られるものだ、己が悪いことは明白であるにも関わらず、解決できなかったのだ。

全くの無力ではなかったかもしれない。
一つ一つ手を打てば、或いは絶望する必要はなかったかもしれない。

逃げ出した今、帰る場所の無い自分からしてみればそれはもう終わったことと言えるが。

終わりとはどのような事を言うのか。
どうしようもない孤独か、生きていくために必要な仕事を投げ出したことか。

なんにせよ、少なくとも自分にはもう帰る場所などどこにもないのだ。

自業自得

という言葉があるように、己で巻いた種であった。甘えていた、自覚が欠けていた。

全て職場の先輩に言われたことだ。
曰く、自分はサボりすぎだったらしい。頑張っている自分に酔っているだけの無能、それが評価だった。

自分は決して、最善を尽くせているとは思っていなかったし、最善とはなにかもわからなかった。
タイミングの問題か、責任者が自分しかいない店舗で行う業務や営業は穴だらけで、クレームの嵐。
本部からも提出物の期限がとうに切れているといくつもお達しをもらっていた。

勿論、先輩に毎回毎回聞けば良かったのだ、それが正解だった。
ただ、電話するたびに期限の悪い先輩が怖かったし、怖いという自己の都合により仕事を遅らせていることも大概酷いものであった。

自分の文章には何が伝えたいのか、何を言いたいのかまったくもってわからない。お前はなんだ、お前はどういう人間だと聞かれた。

何故仕事をしない、何故サボる。
何故後回しにする。

その問に対する答えはわかっていた、「怖かった」のだ。

先輩に、一度だけ聞くのが怖かった、恐ろしかったと伝えたことがある。

その時の先輩は
「俺はお前がなにかやらかした時以外怒ったか?なぁ?怒られたくなかったらきっちり仕事こなせ」
と言っていた。

ああ、たしかにそうだ。自分がミスや仕事の遅れを生むからこそ先輩は怒っていたんだ。
でも、こうやって質問をするたびに怒っていたことも事実だ。

これは甘えや自己中心的考え方に等しいため、正義だなんて言えたものではないが辟易としていた。

自分は、逃げ出した。
死ぬつもりだったが、今こうして文章なぞ打ち込んでいる。

死ぬ、怖いがこれから先の人生怒られながらも成長していく自分の姿は見えなかった。
職場に行く時だけではない、心休まらぬ生活が己の卵豆腐じみたやわい心では持たなかったのだ。

薬もオーバードーズに使い切り、もはや手持ちはなかった。
病院を予約もできていなかった、する気力も時間もなかった。
本当に時間がなかったのだ。

家に帰り、風呂にも入らずに眠り。
朝起きればシャワーを浴びすぐさま職場へ行く。

これは仕事ができない人間からすれば当たり前だったようで、自分も決して一人で予習復習している時間が嫌だったわけではない。
ただ、純粋に、単純に、意図など無く、疲れた。

自分はこれから、インターネット掲示板で知り合った身元も顔も年齢すらも知らぬ誰かの家に行く。
そいつがおかしな輩であれば、殺されるかもしれない。拷問でもされるかもしれない。

怖いが、あの家と職場に戻るのはそれ以上に恐ろしい、ただそれだけのことだった。


結局自分の人生は、あいも変わらず逃げて逃げて逃げて逃げて…。
その果に何があるのか、とっくに知っているくせに。


自分は、情けなく、そして会社や親や友に迷惑を掛ける明確な「悪」である。


悪は裁かれるものだ、裁かれる日もそう遠くはないだろう。
これは、逃げた自分に対する戒めと備忘録を兼ねた文章。

結局のところ、先輩の言ったとおり自分は何を伝えたいのかもよくわからない、l口先だけの空っぽな言葉を並べているに過ぎなかった。それはこの文章のみならず。Twitterやブログ、恐らくチャットや業務メールに至るまで全ての事柄に言えるのであろう。

自分の死にたいだって、嘘だ。
ただ、生きたくないだけだ。

さようなら。

縺薙%縺九i縺溘☆縺代※

縺薙%譛?霑代?迚ケ縺ォ驟キ縺?′蜴サ蟷エ縺ォ豈斐∋繧後?繝槭す縺

荳九r蜷代>縺ヲ縺?k縺ィ莉翫↓繧ょエゥ繧瑚誠縺。縺ヲ縺励∪縺?◎縺?↑縺サ縺ゥ縺ォ閼?>遨阪∩譛ィ縺ョ縺雁沁縺ョ繧医≧縺ェ蠢?□縺代←縺薙l繧呈嶌縺?※縺?k莉翫?螟ァ荳亥、ォ

縺薙s縺ェ繧ゅ?縺ァ螢翫l縺ヲ縺励∪縺?↑繧臥、セ莨壻ク埼←蜷郁??→閾ェ蝌イ縺帙*繧九r蠕励↑縺?↑縺ィ

菫コ縺ォ縺ッ辟。逅?□縺ィ縲?蛯キ縺、縺上?繧偵??閠?∴繧九?繧偵??雋ャ莉サ繧偵??諱舌l騾?£繧峨l繧後?讌ス縺ェ繧ゅ?縺?縺代l縺ゥ

縺昴%縺ォ縺ッ譫懊◆縺励※縲?"蟆翫>菴輔°"縲?縺ッ縺ゅk縺ョ縺九↑?

まぁなんやかんやあって、自分は今も会社づとめをしているわけで。ただ、変化もあれば今までと違う意識も持ち始めていて。

こんばんにー、おたんこなすです。

久々の投稿ですが、今までの久々と異なり生活に色々と変化が生まれました。

 

自分は一時期ニートで、うつ病で、この世を地獄でも見てるんじゃないかという眼差しで見つめていました。

いや、実際この世界が天国だなんて思ってもいないですが、地獄でないことはわかってきました。

自分は色々”触りだけ”はチャレンジし続けてきました。ゲーム然り、バイト然り、その他然り。しかし、その中で漠然とあってもはっきりとはない「やりたいこと」を探し続けていました。そして、去年見つけました。

 

焼肉屋が好きです。

自分のお店を持ちたい、常連さんを得たい、お金を稼ぎたい。楽しく働きたい。

常々思っていたことです。

 

そして、僕は今中小企業の雇われ店長になれそうなところまできました。営業の基礎は勿論経営のやり方や売上高の計算方法。

沢山勉強することはありますが、自分の夢に少しだけ近づいていることがわかります。

 

それがちょっとずつの自信にもなっていますが何よりも大事なのが、生きがいになりつつあります。

自分がやりたいことへの組み立て、設計段階だった夢に今手が付き始めました。

 

とは言ってもまだ土台も土台、土地を購入したばっかりみたいなもんです。

このさき僕は、自分のお店を建てます。そして、上司や後輩といった概念に囚われることもなく自分のやりたいお店とお客様のニーズに合わせた妥協案を重ね愛すべき店舗を生むのです。

 

生みたいじゃない、生むんです。

それが自分がこの世界に生まれた理由、やりたいこと、自由への態度なのです。

 

今はまだ先輩方にたくさん怒られますし、バイトにも舐められますし、惨めで滑稽な思いもします。

でも、それも全て自分の経験になり、血となり肉となり、たまに喜びになりますから。経験ってやっぱり大事なんですよね。

学生時代、嫌なすべてから逃げ続けた男ですが僕は今逃げる事の対価を経験し、挑戦し成長することの喜びや価値を経験しているんです。

 

失敗も成功も経験している、これって成功だけを経験しているよりもずっと強くないですか?自分はそう思っています。

愚者なので、とことん経験から学びます。

 

もし、これで今の会社をやめてしまっても、途中で逃げ出しても、別にいいです。その時どうなるか、どんな対価が待っているのかは想像できます。

だって、ニート脱却のために必死こいて仕事探してましたもん。それだけじゃなく、職歴が付けばそれもデメリットになりうりますから。

 

たらたらとよくわかんねーこと書き綴りましたけど結論から言いますと、自分は今自分の為に努力していて、その努力を決して面倒だとは感じていないんですよね。

 

生きることは劇的です。

 

 

以上、実家よりおたんこれぽーとでした。